■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペット同行避難についてご意見を聞かせてください
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

この春、環境省は
被災動物の救護対策ガイドライン
を作成することを決めたそうです。

以下、日本経済新聞の記事の引用です。

ガイドラインの概要には「災害発生時は原則として、飼い主とペットは同行避難を行う」と明記。
自治体に対し、避難所や仮設住宅へのペット受け入れの配慮を求める。飼い主にもペットの避難用品を準備し、避難所でほかの人の迷惑にならないよう、必要なしつけをするよう促す。

いい子でキャリーに入っていられますか?
キャリーに慣らしておくのは必要なしつけだよね

災害時に飼い主として猫をどう守るか、
同行避難の現実とはどういうものかー

私は幸いにして
まだ被災した事がないため、
何をどう対策したらいいのか、
正直、分からないことだらけです。

「ペット、同行避難、しつけ」
などで検索しても、犬のことしか
出てこないのが現状です。

人がいっぱいいても平気?
人がいっぱいいても大丈夫?車やリードは慣れてる?

では、猫の同行避難については
どう考えたらいいのでしょうか?

猫のためにできることは?

自宅が被災した状況で
猫と一緒にいるためには、
同行避難できる避難所に入る、
または、車かテントで暮らすー

と言う事が考えられるようです。

テントの中でお昼寝
テントにも慣れてるといいよね

離れたところに暮らしている
親戚、友人に預かってもらう、
と言う選択肢もあると思いますが、
一緒にいられない可能性がありますね。
(ケースバイケースですが)

私はとにかく猫と離れたくないです!

そうお考えになっている猫の飼い主さんも
少なくはないと思います。

その上で、話を戻して、
上記、ガイドラインの中に出てくる
「避難所でほかの人の迷惑にならないよう、
必要なしつけをするよう促す。」

人がいっぱいいても平気だよ!
人がいっぱいで騒がしくても平常心でいられるかな?

これは、猫の飼い主として
どう受け止めたらいいと思いますか?

何が猫の飼い主に求められていると
思いますか?

飼い主として、出来ることはなんだろう?

ご意見をいただけると嬉しいです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

参考 :ペットのための災害対策

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
噛まなくてもいいんです
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫の歯の数、数えてみましたか?

猫の歯は全部で30本です。

少ないですねぇ。

(実際に数えると30本
見つけられないかもしれません)

お口の中、拝見します

その30本のうちの16本が
「食べる」という行為には
ほぼ使われていません。

前歯の小さな門歯(12本)は
獲物の毛をむしるため。

犬歯(4本)は獲物をしとめるため。

残りの、片側7本の歯で
肉を飲み込める大きさに
引き裂くのです。

キャラメル君はまだ乳歯
キャラメル君は生え変わりの時期で歯がむず痒いのかな?

ここからわかるのは、猫はモノを
「噛まないで食べても問題がない」
ということです。

そこで、猫のためになり、
簡単にできるトレーニングを
提案したいと思います!

・・・長くなるので、続きはまた明日(笑)

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
猫の歯はどんな形?
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫は真性の肉食獣だ、という話を
聞いたことがありますか?

人は雑食、犬も雑食です。
(肉食に近い雑食です)

肉食の動物はモノを噛まないで
飲み込みます。
(もちろん飲み込みやすい大きさに
噛み切ることはします。)

犬の歯が何本かご存知ですか?

42本もあります。

サスケ特別出演


では猫の歯が何本か知っていますか?

ぜひ数えてみてください。
(猫ちゃんに嫌がられない範囲で
お願いしますね:笑)

そして歯の形状を観察してください。

人間の奥歯は、臼のようになっていて、
モノをすり潰すための形をしています。

猫の歯はどんな形をしていますか?

みゅうちゃんの大あくび

毎日見ているうちのコですが、
たまにはちょっとだけ視点を変えて
観察してみましょう。

明日は、猫の歯の数や形状、
それがどうした?
という話です(笑)

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ  

テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
猫はなぜ家畜化されたのか
こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

犬の狩りと猫の狩り、
その違いについて考えてみましょう。

犬の狩りは人間の手伝いだ
と前回書きました。

猫は何千年もの家畜化の歴史で考えると、
つい最近まで
「自分の食べ物は自分で獲って食べる」
ということをしていました。

テトラ捕食中


日本の猫たちが
室内飼育されるようになってから、
まだほんの20年くらいです。

それまでの間、猫は
何千年も狩りをしてきたのです。

猫の狩りは人間のためではありません。

猫がネズミを獲ることによって
ネズミの害が出ない、と言うことが
人間にとってのメリットだったので、
猫はネズミを獲ってさえいれば
家畜として意味があったのです。

みゅうとチューチュー


ネズミを獲っても、報告も何もせず
食べちゃって良かったのです。

そこが決定的に犬と違うところです。

人間に与えられたものを食べてきた犬、
自分で獲ったものを自分で食べる
と言う生活スタイルをしてきた猫。

それが両者の違いです。

つい最近まで、まさに
プレデターとして生きてきた
猫という動物にとって、
狩りが出来ない生活が
どんなに刺激のない満たされない生活か、
と言うことを飼い主は
わかってあげる必要があると思います。

ネコじゃらしで遊ぶブンちゃん


分かってあげ、その上で何がしてあげられるのか。

常に自分自身に問い、
猫が楽しい毎日を送ることができるように
努力して行くことが
飼い主の務めだと思っています。

お読み頂き、ありがとうございました。


ブログランキングに参加したので、ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ


テーマ:わんことにゃんこ - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(4)
猫と犬の家畜化の違い
こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。

猫がネズミなどを捕まえるところを
見たことがありますか?

最近では猫が狩りをするところを見る事は
なかなか無いと思いますが、
それでも、犬が狩りをするところよりは
見られる可能性があるでしょう。
(猟犬が人間の狩りの手伝いを
するところは含みません)

走り回って休憩中のサスケ


猫と犬の家畜化の違いについて
考えてみた事はありますか?

犬も猫ももともと狩りをする動物
プレデターです。

人間は、
犬に狩りを手伝わせるためや
番犬として働かせるために、
犬を家畜化したと言われています。
(諸説あるようです)

猫はどうでしょう?
猫はネズミを獲ります。
この習性が人間にとって有益だったので
家畜化されました。

チューチュー大好きテトラ


この2つの違いはなんでしょう?
ここから何が分かるのでしょうか。


犬の狩りは長い年月の間に、
人間の手伝いとしての狩りに
変化しています。

それはどう言うことかというと、
「獲っても勝手に食べない」
ということです。

「待て」するサスケ


犬は人間に与えられたものを食べるように
家畜化されていったのです。

では猫は? 

次回は猫の狩りについて
書こうと思います。

お読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加したので、ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ


テーマ:わんことにゃんこ - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。