■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「いいこ」は猫の嬉しいことが起きる合図
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

もし褒めていることが
猫に分かりやすくしっかり伝わったら、
猫との関係にどんな変化が起きるでしょう?

きっと、今よりもう少し仲良く、
もう少し楽しく、もう少し
分かり合えるようになるでしょう。

オモチャで遊ぶ?
小難しい話の時は遊ぶ姿でも見ながらね♪

「いいこ」という音が、猫にとって
褒め言葉になるためには、
「いいこ」という音と、
「猫が嬉しい事」を対提示する、
という古典的条件づけが必要です。

古典的条件づけをすることで、
猫にとって「いいこ」は
聞いただけで「嬉しい気持ちになる」
刺激(音)になります。

寝ながらじゃなく起きて遊ぼうよ


「古典的条件づけで『いいこ』を褒め言葉に!」
と言われても、実際には「どうやるの?」
と思われるかもしれません。

ここでポイントになるのは、
そのコが必ず喜ぶモノ(刺激、出来事、条件)を、
あなたが分かっていることです。

(先日の私の失敗のような
「思い込み」とかはダメですよ!)

次に「対提示」という手続きについて。

言わんこっちゃない。落っこちるよ(笑)


これが実際に「どうやるか」
という部分になるわけですが、
長くなってしまったので、また明日。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

ご褒美 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
「いいこ」は猫の嬉しいことが起きる合図
「いいこ」と褒めていることが伝わるようにしっかり古典的条件付をしたいと思います。
2014-06-03 火 07:37:10 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。