■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペット同行避難についてご意見を聞かせてください
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

この春、環境省は
被災動物の救護対策ガイドライン
を作成することを決めたそうです。

以下、日本経済新聞の記事の引用です。

ガイドラインの概要には「災害発生時は原則として、飼い主とペットは同行避難を行う」と明記。
自治体に対し、避難所や仮設住宅へのペット受け入れの配慮を求める。飼い主にもペットの避難用品を準備し、避難所でほかの人の迷惑にならないよう、必要なしつけをするよう促す。

いい子でキャリーに入っていられますか?
キャリーに慣らしておくのは必要なしつけだよね

災害時に飼い主として猫をどう守るか、
同行避難の現実とはどういうものかー

私は幸いにして
まだ被災した事がないため、
何をどう対策したらいいのか、
正直、分からないことだらけです。

「ペット、同行避難、しつけ」
などで検索しても、犬のことしか
出てこないのが現状です。

人がいっぱいいても平気?
人がいっぱいいても大丈夫?車やリードは慣れてる?

では、猫の同行避難については
どう考えたらいいのでしょうか?

猫のためにできることは?

自宅が被災した状況で
猫と一緒にいるためには、
同行避難できる避難所に入る、
または、車かテントで暮らすー

と言う事が考えられるようです。

テントの中でお昼寝
テントにも慣れてるといいよね

離れたところに暮らしている
親戚、友人に預かってもらう、
と言う選択肢もあると思いますが、
一緒にいられない可能性がありますね。
(ケースバイケースですが)

私はとにかく猫と離れたくないです!

そうお考えになっている猫の飼い主さんも
少なくはないと思います。

その上で、話を戻して、
上記、ガイドラインの中に出てくる
「避難所でほかの人の迷惑にならないよう、
必要なしつけをするよう促す。」

人がいっぱいいても平気だよ!
人がいっぱいで騒がしくても平常心でいられるかな?

これは、猫の飼い主として
どう受け止めたらいいと思いますか?

何が猫の飼い主に求められていると
思いますか?

飼い主として、出来ることはなんだろう?

ご意見をいただけると嬉しいです。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

参考 :ペットのための災害対策

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

雑学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-16 木 11:51:42 | | [編集]
ペット同行避難についてご意見を聞かせてください
被災時にどうするか。後回しにしてしまいがちですがよく考えるべきことですよね。

現在は、避難するということを考えると家以外のところに安心できる場所を作ってあげることが必要だと思います。
猫との関係を築き、車、外、家以外の他の施設に行くことに少しでも慣れさせてあげることが必要だと考えます。
みゅうちゃん、にゃんまるのように外が平気になることが理想だなと思います。
2014-07-02 水 07:34:36 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。