■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫のために学びましょう
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

私はこのブログを通して、
猫のトレーニングを推奨しています。

それはトレーニングが
「猫のため」になるからです。

でも、猫のためにトレーニングするには
人間の方にそれなりの努力が必要です。

一緒に遊んだ思い出
今日は真面目な話なので、みゅうの仔猫の頃の可愛い写真でもご覧ください(笑)

勉強し、練習しなければなりません。

確かに面倒臭いと思う時もあるでしょうし、
大変なこともあります。

猫のトレーニングは
そう簡単にはうまく行かないし、
やってる人が他にあまりいないから
大変さを分かってもらえなかったり、
情報を共有出来なかったりもします。

でも「やるとやらないとでは大違い」
だと言うことを、何度も目にし、
猫達の成長を目の当たりにするにつけ、
トレーニングしてあげたい、
してあげて欲しい、という気持ちが
大きくなりました。

こんなに小さい頃からハーネスの練習したね

先日ご紹介したハズバンダリートレーニング
人と関わるすべての動物がやってもらう
権利がある、と思っています。

特に猫は、家族として望まれて
生活を共にし、愛される存在なのだから、
トレーニングをしてあげて欲しい!

よくこうして立ってたよね


猫がストレスに感じるであろう、様々な出来事。

一口に「慣らす」と言っても
これは簡単なことではありません。

そのうち慣れる、怖がっても仕方が無い。

と言って、放って置くようなことを
しないでください。

「慣らし方」をちゃんと勉強しましょう。

熱心な犬の飼い主さんは
ちゃんと学んでいます。

犬も猫もその他の動物も
「学習の仕組み」が同じだということは
科学的にわかっています。

無防備だねぇ・・・触りたい放題(笑)


猫の飼い主も学びましょう!

そしてご自分の愛猫のために
行動を起こして欲しい。

愛猫もあなたも共にずっと楽しく
暮らしていくために、
猫との生活にトレーニングを
取り入れてもらえることを願っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ

関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

トレーニング | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-30 木 14:38:42 | | [編集]
本当にです
そう簡単には行きませーんね~
猫にしつけられてると思って取り組んでいます。
アドバイスや色々な情報宜しくお願い致します。
2013-05-31 金 22:19:36 | URL | 兼続 [編集]
Re: 本当にです
コメント、ありがとうございます。

「猫にしつけられる」こと自体はいいと思うのですが、その結果、猫に不利益になっていては問題がありますよね。
例えば、どうやったら薬を飲まなくて済むか、どうやったら爪切りをやめてもらえるか、などを猫は簡単に学習します。
でも、それを受け入れていては猫に不利益です。
だからと言って押さえつけて無理矢理するのもどうでしょう。
そういうところを上手に猫とコミュニケーションしていかれるといいですよね。
2013-06-02 日 11:22:42 | URL | Happy Cat [編集]
猫のために学びましょう
日頃から採血時の保定の練習をしていて、猫にストレスにならないように猫にとって美味しいものを使ってなれさせていました。当日、獣医さんに採血をしていただき問題なくできました(そのあとおやつをあげました)。
その猫のストレスが少ない状態で採血が出来たと思います。

大変なこともありますが、トレーニングを積み重ねそれが猫に伝わり成功すると「やっていて良かった」と心の底から思います。そしてその気持ちが次につながります。
練習が足りず採血がうまくいかなかった猫もいたので、その猫とは練習をして健康管理のための採血がストレスにならないようにトレーニングをしていきたいです。
2014-07-11 金 10:20:35 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。