■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウェットもドライも
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

前回の続きで、
「普段からウェットを主食に
したほうがいいかどうか」
というご質問への回答、
私の考えです。

何度でも言いますが、
私はウェットにした方が
いいと思っています。

ただ、朝は忙しいのでちょっと…
とか、いろいろご事情があると思います。

なので、ドライもウェットも
どちらも上手に使うことが
一番だと思っています。

みゅうのゴハンタイム♪

「水分摂取が大切!
下部尿路疾患の予防のために
ゴハンはウェットで!」

とばかり言っているので、
ドライをあまりよく思っていないように
勘違いされることがあるのですが、
そんなことはありません。

ウェットもドライも食べられる。

これが一番大事ですね。

(どちらもプレミアムフードをオススメします)

ドライは時間のない時や
留守番の時、また
オヤツとしてなど、
いろいろな使い方ができます。

みんなでゴハンタイム♪


我が家のクリッカートレーニングの時の
ご褒美は、普通のドライフードです。
(主にロイヤルカナンをあげています)

他にも、部屋のあちこちに
(タワー、キャットウォークなどなど)
ドライフードを置いておいて
探して食べてもらっています。

一日に何度も、猫に気づかれないように
部屋中にオヤツを仕込んでますよ(笑)

この「オヤツとしてのドライ」
についてもう少し書きたいので、
次回もこの話の続きです。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ

関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

生活 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
ウェットもドライも
先のことを考えると、どんなタイプのフードも食べられるようにしておくに越したことはないなと思います。
シニアになってからのシニアフードや、被災した時に必ずしもいつもあげているものを食べられるわけではないこと、療法食をあげるようになるかもしれないことを考えると、いろんな味や食感に慣れている方が猫にとっても飼い主にとっても安心につながると思うからです。
2014-07-29 火 06:49:03 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。