■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫の幸せのために、猫が生き易いように
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

前回に続いて、
犬のトレーニングについて
「可哀想」と言われたことへの
私の「?」を書きます。

確かに一昔前は「権威症候群」
などと言うものをよく耳にしましたが、
その考え方は既に過去のものです。

(未だにその考え方にしばられ
固執してトレーニングを
している人もいるかもしれませんが…)

サスケはトレーニングが好きだよ♪


また今でも、
いわゆる「罰」を使うトレーニングを
している人たちがいるのは事実ですが、
私がお付き合いさせて頂いている
トレーナー、インストラクターの中には
「罰」でトレーニングをする人はいません。

褒める事(オヤツ、遊びなど)を重視し、
犬の気持ちに配慮した
トレーニングをするために、
努力をしている方達ばかりです。

ナデナデは喜ぶ子にはもちろんご褒美♪


そして犬にトレーニングをする理由は、
「犬が生き易いように、
犬との生活がより楽しくなるように」
のような、犬の幸せを考えたものです。

(人間の都合のためにトレーニングをしよう
などと思っている人には、
(幸せなことに私は)
最近お目にかかったことがありません。)

そしてその考え方に沿ったトレーニングは
当然猫にも当てはまるのです。

「猫の幸せのために、猫が生き易いように、
人間が出来ることをしてあげる」

それがトレーニングです。

なので、
「トレーニングをしてもらえなくて可哀想」
という事はあっても、
「トレーニングをするのは可哀想」
は、全く見当違い、誤りです。

立ち止まって考えてる?


一緒に暮らしてくれる彼らのために
その動物を理解することや、
どうしたら、人間社会という制約の中で
彼らが生き易く、幸せに暮らせるのかー

そんな事を一生懸命伝えているのが
私たちインストラクターです。

たまに立ち止まって、
固定観念に縛られず、
何が猫の幸せかなのか、
そんなことに想いを
馳せてもらえると嬉しいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

トレーニング | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
猫の幸せのために、猫が生き易いように
人社会なので人中心に考えがちですが、”猫のため”と考えていきたいです。
猫のためにしてあげることが人のためにもつながっていくと思います。


固定観念にとらわれることなく柔軟に考えることも、大事で忘れてはいけないなと思いました。
2014-08-02 土 07:50:05 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。