■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
動物の負担を軽減して診察を受けてもらう
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

これまでもにゃんまるに
動物病院に慣れてもらうための
取り組みについて書いてきました。
(車でオヤツ、カートで行ってオヤツなど)

これらの取り組みは、
マメに地道に、とにかく
繰り返すしかありません。

でも今日書く取り組みは、
自分達だけで頑張っても
ダメなものです。

このトレーニングには、
獣医さんの協力が欠かせません。

診察台でハイファイブ


その点、転院先の獣医さんは
とても協力的で助かっています。

まず、特に必要がない日にこそ、
猫を連れて行きます。

診察台の上でとにかく美味しいオヤツ!

にゃんまるはもうすっかり
診察台の上でオヤツが食べられるので、
その時に触診もしてもらいます。

これ、何処か具合の悪い時に
やっていてはダメなんです。

何故なら・・・

⒈ 具合が悪くすでに食欲がない。
⒉ 他の必要な検査のために何も食べてはいけない。
⒊ このトレーニングは猫が嫌がる前にやめなくてはいけないが、
  本当の検査なら途中でやめてもらうことができない。

などの理由からです。

聴診中です


ということで、元気で何の問題もない時に
トレーニングのために通院する、
と言うことに取り組んでいます。

日本の現状では、まだほとんどの
獣医さんは、ハズバンダリートレーニングを
ご存知ありません。

ですが、動物の負担を軽減して
診察を受けてもらうためのこの取り組みは、
いつか必ず広く受け入れられ、
ペットと暮らす人の常識になると
信じています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

トレーニング | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
動物の負担を軽減して診察を受けてもらう
家などの慣れている環境ではできても病院に行くと緊張してしまってできないことは多くあります。
以前、猫の健康診断のために動物病院に行きました。慣れている環境で採血の保定練習を行っていましたが、病院では猫が不安になり良い経験をさせてあげることができず、結局ストレスとなってしまいました。実際に診察、検査を行う病院でも、なんでもないときに行き練習できるといいなと思いました。
2014-09-01 月 10:31:24 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。