■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
病院でイヤな思いをして欲しくないから
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

だいきちにとって
久しぶりの外出、初めての病院。

待合室ではオヤツを食べ、
周りを観察していましたが、
診察室ではどうなるかなぁ、
と、少し不安に思っていました。

まず、気をつけたことは、
以前にも記事にしましたが、
キャリーから引っ張り出さないこと。

↓の記事も参考にしてください。
猫の負担を軽減して診察を受けてもらう

「イヤだ~!」
と言うマイナスの感情を
一度引き起こしてから、
それをゼロにする、増してや、
プラスにするのは大変なことです。

触診中におやつを食べるだいきち

なので、「引っ張り出す」
というような猫にとって嫌なことは
極力避けます。

すんなり診察台の上に
移動してもらって、
すかさずオヤツをあげます。

これも、とびっきりの
大好物を用意しておくこと!

大好物は、「大好物である」
と確認できたら、
普段やたらとあげてはいけません。

オヤツの使い方次第で
トレーニングが上手くいくかどうかが決定する、
と言っても過言では無いでしょう。

だいきちは2種類の大好物で
触診と長い長い聴診を
乗り切りました。

(心臓が悪いので聴診が長かったです)

だいきち聴診中

聴診されながらも
「ハイファイブ」が出来るとは
さすがだいちゃん!
とちょっと感動(笑)

これからも病院で嫌な思いを
しなくて済むように、
トレーニングしようと思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

予防トレーニング | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。