■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「好子」は「褒める」こと?
こんにちは。
Happy  Catアドバイザーの坂崎清歌です。

行動分析学の基礎知識、3回目は
「好子(こうし)出現の強化」の
「好子」について。

好子とは何か、これが結構難しいんです。

好子とは、
それが行動の直後に出現する
という経験をすると、
将来その行動の生起頻度を上げる
刺激、出来事、条件のことです。

みゅうのシャチホコ♪


なので、一般的には
「褒めること」「好きなもの」
と思われがちですが、
その行動の頻度が上がった
という事実を踏まえない限り
本来、何物も「好子」とは呼べません。

(ですが、普通は話を進める上で、
好きなモノなどを「仮定の好子」とします。)

行動が増えたことをもって
好子と呼ぶわけですが、
動物は食べなければ
生きていけませんので、
その動物の食べ物は基本的に
「生得性好子」になります。

(「生得性」とは生まれながらに
というような意味です)

テトちゃん気持ちいいですか~♪


ただこれも、
お腹がいっぱいな時や
何かに怯えていたり、
興味津々なものがあって
物を食べるどころではない時、
など場面によっては好子にならない事も
あるわけです。

(「好子」は少し難しいのですが、
基本的には「その個体の好きなもの」
というような捉え方でもOKです。)

今日はここまで。

お読みいただき、ありがとうございました。

  
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

行動分析学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
「好子」は「褒める」こと?
将来行動頻度を増やすもの、好子が必ずしも良いものではないことは、以前教えていただいたゴキブリホイホイの例でよくわかりました。でも多くは好きな物・ことになると思うので、そのこの好きなものを知り上手に使い猫とコミュニケーションをとり、そのこの暮らしやすい環境にしていきたいです。
2014-10-17 金 10:36:59 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。