■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
掛かり付けの獣医さんとのコミュニケーション
こんにちは。
Happy Cat アドバイザーの坂崎清歌です。


私は、病院などでも
猫を出来るだけ自由にさせてあげ、
リラックスさせてあげる事で、
猫が病院に抱く恐怖を
少しでも軽減してあげることが
出来るのではないかと考えています。


もちろん一般的な病院では、
猫に診察室内を探検させてあげることは
出来ないと思います。

キャットホスピタルでは以前から、
猫と飼い主が緊張しないで診察を受けられるように
様々な配慮がなされています。

だからこそ私も、
更に猫がリラックス出来る様に
工夫して行きたいと思えたのだと思います。


かかりつけの獣医さんとは
色々な意見の交換をして、
普段からコミュニケーションを取るようにしておくと、
いざという時もちゃんと話し合え、
思いを伝える事ができると思います。

折に触れて先生の考えを伺って
信頼関係を築く努力が、
きっといつか自分のうちの子と自分を守る
助けになると思っています。

お読みいただき、ありがとうございました。

ブログランキングに参加したので、ポチッとして頂けると嬉しいです♪
  人気ブログランキングへ
関連記事


テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

愛猫 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-18 火 06:47:08 | | [編集]
獣医さんは忙しそうだから・・・と遠慮して、必要最低限のことしかお話できない方が多いのではないかと思います。
なんでもお話できる雰囲気を、獣医さん側で出すことも大切ですが、普通の診察があまりに長くなってしまうと日常診療が圧迫されるので、予約制にして待ち時間が長くなりすぎないようにするか、病気の診察とは別に相談の時間の受付枠があったりするのはどうかな?と考えました。
2015-05-09 土 11:09:45 | URL | さとう [編集]
最近感じる事ですが、猫のために出来る事は・・・と思うと
自分や猫に関わる周りの人との人間関係(信頼や意見交換)は
欠かせないなと度々思います。
獣医さんとの関係もその一つなんですね。
2015-05-17 日 23:03:55 | URL | 西川 [編集]
コミュニケーションスキルアップが猫たちの為になる。人間力も必要ですね。磨かないと、です。
2015-06-10 水 11:58:51 | URL | ほそやじゅんこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。