■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
行動の原因を読み解いてどうしたいのか、それが問題なんです
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

今日は行動分析学の記事の続きです。

素朴概念で行動の原因を説明すると
説明した気にはなるけれど・・・

「やらないのはやる気がないから」
「なぜやる気がないと判断したのか」
「やっていないから」
と言うのでは循環論になってしまう…

これはこれまでに書いてきた通りです。

また素朴概念で説明すると
行動の原因は「個人の問題」
と言うような流れになってしまいます。

ですが、
「あいつにはやる気がない」
と個人を攻撃してみても
問題は何も解決しません。

循環寝姿♪


大切なのは、行動の原因を
説明した気になることよりも、
行動の結果、何が起こったのか
行動に随伴して起こった環境変化から
行動の原因を読み解くことです。

そうすれば、
「変えたい行動を
どうすれば変えられるのか」
「増やしたい行動、して欲しい行動を
どうすればしてもらえるのか」
「減らしたい行動、やめて欲しい行動を
どうすればしなくなるのか」
を具体的に考えることが
可能になるのです。

「行動随伴性」で
行動の原因を読み解く大切さが
お分かりいただけたでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございました。

関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

行動分析学 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-22 土 07:41:20 | | [編集]
行動の原因を読み解いてどうしたいのか、それが問題なんです
性格や気分だけで判断するのではなく、行動のあとにどのような環境変化があって行動がどうなったかを考える方が行動を変えやすいと思いました。面白いです。
2014-10-28 火 09:48:39 | URL | ai [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。