■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
その時何を感じているか
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

先日、録画した映画を見ていた時のこと。

父親が箸の持ち方を子供に教えるシーンが・・・

実は私、ほんの数年前まで
箸が正しく持てませんでした。

当然といえば当然ではあるけれど、
長年そのことで親(特に父親)に色々言われ、
親と食事をする事が、
嫌いなことの一つに数えられる
ほどになっています。

どの番組見ようかな。

映画のそのシーンを見た時、
胸が苦しく、モヤモヤした不快感と
締め付けられるような嫌な感覚に襲われました…

箸の持ち方のことを考えたり、
その事での親とのやりとりを
思い出したりすると、
未だにこんな気持ちになるんだなぁ
と改めて思った出来事でした。

トラウマってこんな傍から見たら
些細なことでもあるんだよね(^^;;

他人がその時何を感じているか
どんな感情が沸き起こっているか
なんて、誰にもわからない。

だって私が、
「父親が箸の持ち方を教えるシーン」
を見ただけでこんな気持ちになるなんて、
たとえ私の箸の持ち方がおかしいことを
知っている人でもなかなか想像できないと思うもの^^;

つまんないから寝ちゃおう

猫がその時何を感じているか、
どんな感情が沸き起こっているか、
なんて、そう簡単に
分かってあげられるはずが無い。

でもその分かってあげられないことを
自分自身受け入れた上で、
何ならしてあげられるのか、
少しでも分かってあげるために
自分には何ができるのか、
それをこれからも追求していきたい。

それが私が猫のことや行動分析学を学ぶ
原動力かなぁ・・・
なんて、思ったりしました(^^)

お読みいただき、ありがとうございました。

 
関連記事


テーマ:愛猫との日々 - ジャンル:ペット

その他 | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。