■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
必要以上の負担をかけない接し方
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

猫専門のホテルを始めるKさん、
にゃんまるが近づいてきても
ちゅーるを舐めさせるだけで、
撫でるなど、にゃんまるに触りませんでした!

これは本当にスゴイことです(^O^)

「撫でよう」と自覚を持って
撫でるならまだいいのですが、
多くの方は無自覚に、なんとなく気がついたら
「撫でてしまっている」のです(^^;;

にゃんまるホテル探検4

にゃんまるを撫でなかった彼女を見て、
「おぉ!」と思いつつ、
意地悪な私は、そのうち触るのではないかと
今度は彼女のことを観察していました(≧∇≦)

しかし!
彼女はにゃんまるとトリックをした時もオヤツをあげるだけ。

にゃんまるに「オヤツよこせ」と迫られた時も
「ゴメン!持ってないよ」と両手を広げるだけ。

帰り際、私が彼女に「撫でていいよ」と促した時、
初めて彼女はにゃんまるを撫でました(^-^)

そして「なんでにゃんまるを触らなかったの?」
と聞く私に
「きっと知らない人に触られたくないだろうと思って」
と、答えてくれました(^O^)

こんなに猫の負担を考えた行動が出来るなんて!

にゃんまるホテル探検9

意識している時に触らないでいることは
きっと誰にでもできます。

でもふとした瞬間に「無意識」に触ってしまう…
そんな失敗をすることもなく触らないなんて、
なかなかできないと思います。

ホテルを利用する猫ちゃんの殆どは
不安いっぱいストレスいっぱいでしょう。

でもKさんならそんな猫ちゃんに
必要以上の負担をかけない接し方が出来るのではないか、
そう思いました。

ねこさんのゲストハウス「キャッツカートン」
興味を持った方はぜひHPを
見てあげてくださいね(^-^)

お読みいただき、ありがとうございました。

 
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

お出掛け | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。