■プロフィール

Happy Cat

Author:Happy Cat
キャットインストラクターの
坂崎清歌です。
猫のためのトレーニング方法を飼い主さんにお伝えする教室
「Happy Cat」をやっています。

詳しくはプロフィール記事をご覧ください。

■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■Twitter

■全記事表示リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いざという時の心の支えになれば・・・
こんにちは。
Happy Catアドバイザーの坂崎清歌です。

一緒に暮らした猫(ヤマト)を看取る、
という経験を初めてしたのは2003年の夏でした。

ショックが大きくて辛くて辛くて、
立ち直るのは大変だったけど、
私には支えてくれる夫や友人がいました。

兄ちゃんと仲良しヤマト♪

2008年12月、テトラがリンパ腫になった時、
ヤマトの時とは全く違う「グリーフ」と、
治療方針についての獣医さんとの
上手くいかないやりとりに精神的に追い詰められ、
一人(夫と二人)では乗り切れない状態になりました。

その時、私を支えてくれたのは
グリーフケアアドバイザーの方です。
(私がお世話になった先生です。
助けが必要な時には、こういった先生の力を借りることをお勧めします。)

大切な家族の一員であるペットが
この世からいなくなる…

そんな考えたくもない現実に
向き合わなければならない時が
いつか必ずやってきます。

ペットと暮らす、と決めた以上、
「責任を持って看取る」
それが飼い主としての務めだと思います。

でも、それは本当に辛いこと…

可愛いテトラ♪

ときには、「愛猫を亡くすこと」そのものでは無く、
周りの人からの言葉や反応に傷ついたりもします。

また愛猫を亡くした友人にどう接したらいいか、
なんて声をかけてあげればいいのかわからない…
そんな経験をしたことがある方も
いるのではないでしょうか。

センシティブな問題だけに、
「これが答え」などというものはないでしょう。

ですが、ペットロスについて前もって学ぶこと、
少しでも心の準備をしておくことが、
いざという時の心の支えになるのではないでしょうか。

6月29日(月)に行うセミナー
【ペットロスの対応~その時のために~】
受講者を募集しております。

お申込み、お待ちしております。

お読みいただき、ありがとうございました。

 
関連記事


テーマ:猫と暮らす - ジャンル:ペット

ペットロス | 10:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。